logo (2)

引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせてください!

257: おさかなくわえた名無しさん 03/03/30 04:49 ID:N5X2SGS7
高校1年の春だった。まだクラスの顔ぶれがどんなもんかわかってない、そう、
入学式から確か5日目あたりだったと思う。俺のななめ右に、ひょろひょろの
いかにもガリ勉君みたいなタイプの男が座っていた。うしろから見ると時代遅れ
の角刈りの青さがやけにまぶしい兄ちゃんだ。俺はその時初めてそいつの事を
意識したような気がする。で、その日の午後・・・奴は早速クラスのちょっと
ヤンキー連中に興味を持たれていた。俺のななめ前で奴は4人の男に囲まれ、
なんか質問攻めにあっている。「その眼鏡何だよオイ」とか「おまえDTか?」
とか(高一の人間にDTか?はないだろうにと思ったが)。
笑い声はさらに高まり、ついに手が出始めた。4人のうち一番身体がでかい、
ヤンキーまるだしの奴が角刈りをさわさわ触っている。というより、パンパンと
たたき始めたりなんかしている。「うわ~っ、いじめられてる・・・」と俺が、
ちょっと引いたその時だった。角刈り君の左腕がヤンキーの腕をひょいと取り、
くるっとねじまげてひざまずかせ、「やめんかい!」と言う声とともに前へ倒
した。ヤンキーは机に頭をぶつけそうになった(その間わずか1秒ほど)。
(つづきます)


258: 257 03/03/30 04:50 ID:N5X2SGS7
他の3人は身じろいだ。空気が一瞬で凍りつく。角刈りは他の3人をじろりと
見ると「おまえらまだ何か質問あるんか?」とドスの効いた声を発した。
3人は気まずそうに「い、いや・・・」と、うしろの方へ・・・。
と、倒されたヤンキーが立ち上がって、角刈りに殴りかかった・・・が、今度
もまた角刈りはその腕を簡単に取って、身体を横方向に一回転。ヤンキーは、
がらがらがらっと机に突進して、アゴをしこたま打ってしまったのだった。
とにかく鮮やかすぎて声も出なかった。
後で知ったことだが、ひょろひょろの角刈り君は合気道をやっていたという。
その後も彼は別のヤンキーに絡まれたりしたが、常に簡単に蹴散らしていた。
そして、数ヵ月後には影の番長みたいな存在になっていたw。
彼は非常に正義感が強く、その後も彼が目を光らせているので彼のクラスでは
いじめが無かったらしい。俺はそんなに仲良くしなかったけど、ひそかに彼に
憧れていた。あんな角刈りなら俺はなってみたい。


259: おさかなくわえた名無しさん 03/03/30 05:46 ID:D6hE2I8L
カッコ(・∀・)イイ!!


260: おさかなくわえた名無しさん 03/03/30 06:13 ID:/H8kx5H6
カッコ(*・∀・)イイ!!


264: おさかなくわえた名無しさん 03/03/30 17:44 ID:km7jrpXo
>>258
そりゃぜひ見たかった、その風景。


265: おさかなくわえた名無しさん 03/03/30 17:52 ID:Z4cPK6n4
カッコ(・∀・)イイ!!

合気道(・∀・)イイ!!


270: おさかなくわえた名無しさん 03/03/30 20:18 ID:AnqmIBO4
>>257
ナイスな角刈りだな。




コメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. スカッと名無し
    • 2019年05月18日 08:44
    • 集団で行動するクズ共はだいたい喧嘩は弱い
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット