logo (2)

引用元: 見てしまった!!すごい修羅場16

250: ねこねこね 02/12/20 02:12 ID:RZTkv1C4
学生時代バイト帰りで遅くなった時、
駅から歩いていると後ろから車がやってきて横に停まりました。
みるとハンドルを握っているのは幼馴染の(ちょいヤン)の男の子○○。
『今帰り?危ないから乗せていってやるよ』
と言われありがたく家まで送ってもらいました。
その深夜、必死でレポートしてると2時ごろに電話がなりました。
(誰だよ。こんなに遅くに)
と思いつつ電話に出ると相手はさっきの幼馴染でした。
「なんだ。○○か。こんな時間に何の用?」
『遅くに悪い。今からちょっと××(近所のファミレス)まで来てくれ。頼む!』
「ハァ?!今何時だと思ってんの?」
『マジ頼むっ!ホント頼むよぉ』
なにやら必死になってます。
仕方がないのでぶつぶつ言いながら指定の××へ行ってみると
○○の他にもう一人いました。
どうやら彼女さんの模様。

251: ねこねこね 02/12/20 02:14 ID:qNYqcNeA
「こんな時間に呼び出すなんていったい…」
と口にするや否や、彼女さんコップを取り上げ中の水をバシャッと私に。
「…○○…なに?これ?どーなってんの?」
『いや実は…』
【ふざけんじゃないわよっ!しらばっくれる気っ?!】
「…ハァ?…いったい何?」
【○×▲…!!!】
『いや…。実は…』
と話し始める○○。
どうやら私が○○の車に乗っているところを彼女さんの友人が発見して
速攻御注進なされたもよう。
そこで早速彼女さんに呼びつけられ今の今まで延々ともめていたらしい。
が、彼女さんのお怒り冷めることなくとうとうもう一人の当事者たる私にSOSしたとのこと。
彼女さんにただの幼馴染であること、男女の仲は一切関係ないこと、
偶然会って近所なので乗せてもらっただけのこと等々小1時間説明させていただきました。
なかなか信じてもらえませんでしたが、
やっとのことでしぶしぶながら納得していただけました。
(ハンカチを出しながら)
【悪かったわね。これで拭いて。(まだ水被ったままでした)
 でも、あんたも悪いんだからね。誤解を招くような真似しないでよね。】
「…ありがと。お借りします…」(私か?私が悪いのか?)
その後、悪かったなと詫びる○○の声を後ろに家路につきました。
結局レポートは完徹して何とか仕上げることができました。
けど、嫉妬深い人はイヤンだと思ったプチ修羅場でした。
(アァッ!長くなっちゃった。スマソ)

255:    02/12/20 10:05 ID:/GEdZ9ws
>>250
その男もその男だな。
いやだなあ そんな女。 



スポンサーリンク

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット